文字サイズ

悪夢サヨナラ 俊介と中谷が交錯

9回広島2死満塁、松山の中堅への打飛を、阪神左翼手・俊介(左)と中堅手・中谷が交錯し、落球。サヨナラ負けとなる=マツダスタジアム
9回広島2死満塁、松山の中堅への打飛を、阪神左翼手・俊介(左)と中堅手・中谷が交錯し、落球。サヨナラ負けとなる=マツダスタジアム
9回、広島・松山の打球を追って阪神・中谷と交錯した阪神・俊介は担架で運ばれる=マツダスタジアム
3枚3枚

 「広島4-3阪神」(26日、マツダスタジアム)

 阪神が衝撃のサヨナラ負けを喫した。九回、3-3、2死満塁の場面で、広島・松山竜平の打球を追った左翼の俊介と中堅の中谷将大が交錯し落球(記録は中堅の失策)。この間に三塁走者が生還して、広島に18年ぶりとなる9連勝を許した。

 3-2と1点リードしていた九回に先発の岩貞がつかまり、2死満塁から岩貞が広島・会沢に左前適時打を許して同点に。後を受けたドリスは松山を打ち取ったかに思われたが、悲劇が待っていた。

 俊介はグラウンドに倒れたまま起き上がれず。数分後に担架で搬出された。サヨナラ勝利に沸いた広島の選手やスタンドのファンも、心配そうに俊介の様子を見つめていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス