文字サイズ

原口が先制弾 虎15試合ぶりの本塁打

8回、左越え2ランを放つ阪神・原口(撮影・田中太一)
3枚

 「交流戦、阪神-オリックス」(20日、甲子園球場)

 阪神・原口が、均衡を破る6号2ランを放った。チーム15試合ぶりの本塁打で、チームに先制点をもたらした。

 八回、先頭の鳥谷が四球で出塁。西岡は空振り三振に倒れて1死となり、3番・原口が打席へ。オリックス3番手・佐藤達との対戦で、カウント2-2からの5球目、130キロ変化球を左翼ポール際へ。右拳を握りしめ、笑顔を浮かべながらダイヤモンドを1周した。

 阪神は19日の時点で14試合連続で本塁打がなく、2リーグ分立後の球団ワースト記録(2012年)にあと1試合と迫っていた。プロ入りしてから初めて3番でスタメン出場した原口が、負の歴史にピリオドを打った。

2022-07-01
2022-06-30
2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10
2022-06-09
2022-06-08
2022-06-07
2022-06-05

関連ニュース

編集者のオススメ記事

タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス