文字サイズ

金本虎初陣飾れず メッセ制球に苦しむ

 9回表、ベンチで顔を覆う金本監督
1枚拡大

 「阪神2-5中日」(25日、京セラドーム大阪)

 阪神が開幕戦で逆転負けを喫し、金本新監督の初陣を勝利で飾ることはできなかった。

 阪神は先発のメッセンジャーが6回2/3を、10安打4失点(自責点3)だった。1-0の四回無死二、三塁で、三塁・ヘイグの失策で同点。五、六、七回の失点はいずれも四球が絡むなど、計6四球と制球に苦しんだ。八回は鶴がビシエドのソロで5点目を失った。

 打線は初回、先頭のルーキー高山がプロ初打席初安打となる左前打。新外国人ヘイグの左前適時打で先制した。1-2の五回は西岡、岡崎の連打で無死一、三塁とし、得点につなげた。しかしチーム全体では5安打で2得点に終わった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス