文字サイズ

阪神 秋山7回1失点も勝利はお預け

1回、大島の打球にグラブを出す秋山(撮影・棚橋慶太)
力投する秋山(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 「阪神-中日」(13日、京セラ)

 阪神の先発・秋山は7回4安打1失点と好投したが、3年ぶりとなる今季初勝利はお預けとなった。

 今季2度目の先発マウンドは中日のエース大野との投げ合い。六回まで無失点投球も、1点リードの七回にエルナンデスに同点二塁打を浴びた。

 秋山は「全体的にリズムよく思ったところに投げられたと思いますが、七回のエルナンデス選手に打たれた場面はストライクを取りにいったわけではありませんが、中には入ってしまい、それを捉えられてしまいました。大事なところできっちりと投げきれるかどうかが、勝てるピッチャーとそうでないピッチャーの差なのかなと感じました」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス