文字サイズ

【一問一答】サヨナラ2ランの福留

延長11回阪神、2死一塁、サヨナラ2ランを放つ阪神・福留=甲子園(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「交流戦、阪神2-0楽天」(27日、甲子園)

 阪神が今季4回目のサヨナラ勝ち。交流戦の連勝スタートは06年以来9年ぶり2回目となった。0-0で迎えた延長十一回、2死一塁から福留が中堅左へサヨナラ2ランを放った。

 福留のヒーローインタビュー一問一答は次のとおり。

 -どんな気持ちで打席へ。

 「2アウトですし、有利なカウントだったんで、なるようになれと思っていきました」

 -打った感触は。

 「感触は良かったんですけど、飛んだ方向が左中間寄りだったんで、どうかなあと思いながら。甲子園の風に助けられました」

 -勝負強さはどこから生まれるもの。

 「知りません!」

 -強いて言うなら。

 「何も考えないことじゃないですかね」

 -投手陣が頑張っていた。

 「そうですね。晋太郎にはすごく申し訳ないことをして、なかなか点が取れずに…。すごい晋太郎が頑張ってくれていたので、こういうゲームができたんじゃないかなと」

 -交流戦連勝スタート。

 「せっかく2つ取れたんで、このいい流れをそのまま明日グラウンドで出せるように頑張ります」

 -ファンへ。

 「ありがとうございました!」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス