文字サイズ

阪神あと一本が出ず惜敗…巨人は5連勝

選手交代を告げ、浮かない表情でベンチへ戻る阪神・和田豊監督=甲子園(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「阪神2-3巨人」(17日、甲子園)

 阪神が1点差まで追い上げながらも惜敗。連勝はならなかった。

 3点を追う四回、先頭の鳥谷が左前打。続くゴメスが左翼の頭上を破るタイムリー二塁打で1点を返した。さらに1死三塁から福留が右中間へ適時二塁打を放ち、2点目を奪った。

 先発のメッセンジャーは立ち上がりに苦しんだ。一回、阿部に右翼線タイムリー二塁打を打たれるなど、4長短打と死球などでいきなり3点を奪われた。二回以降は走者を出しながらも粘ったが、7回8安打3失点で降板した。

 1点を追う九回、沢村に対して2死走者なしから上本が投手強襲安打で出塁。二盗を決めて2死二塁とし、続く西岡の左前打で2死一、三塁と好機を広げた。

 一打同点、長打が出ればサヨナラもという場面で打席には鳥谷が入った。甲子園のボルテージは最高潮に達したが、結果は二ゴロに倒れ、試合終了。あと一本が出なかった。

 巨人はこれで5連勝。今季2勝目を挙げたポレダは「阪神ファンもたくさんいて、自分もアドレナリンが出た。(チームは)勢いが付いている。だれにも止められない」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス