文字サイズ

伊藤隼 300万円増1500万円で更改

年俸アップと球団の評価について話す伊藤隼太=阪神球団事務所(撮影・持木克友)
年俸アップと球団の評価に笑顔をみせる伊藤隼太=阪神球団事務所(撮影・持木克友)
エレベーターホールで記者の質問に答える伊藤隼太=阪神球団事務所(撮影・持木克友)
3枚3枚

 阪神・伊藤隼太外野手(25)が21日、西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、今季年俸1200万円から300万円アップとなる1500万円で更改した。

 プロ3年目としては異例のロング交渉だった。夕方4時に始まった契約交渉は1時間半以上に及んだ。査定担当者との対話の中身について伊藤隼は「自分の感じたことをストレートに話していたら時間がのびてしまった。お金の話ではありません」と説明。提示額について「また頑張ろうかなと思える数字でした」と語った。

 3年目の今季は52試合に出場し、規定打席に未到達ながら打率・294を残した。掛布雅之DC(58)指導のもと改良した打撃が安定感を増した。課題の守備ではもろさを露呈し、定位置獲得へ課題は残したものの飛躍のシーズンになった。伊藤隼は「1年間通して試合に出てくれと言われました。打撃だけじゃなく、守備も走塁もトータルで1試合任されるようになりたい」と語り、レギュラー定着を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス