文字サイズ

福留 メッセとの相性信じ、狙った1発

6回阪神1死、中越え本塁打を放つ福留孝介(投手広島の前田健太)=甲子園(撮影・持木克友)
3枚

 「セCS第1S第1戦、阪神1‐0広島」(11日、甲子園)

 阪神が5度目のCSで初めて先勝した。

 0‐0の六回、1死走者なしで、福留がカウント3‐1からの前田の5球目、真ん中の150キロ直球を捉え、バックスクリーンへ先制のCS1号ソロを放った。

 ヒーローインタビューで福留は「バッティングカウントなんで思い切っていこうと思った。ランディ(メッセンジャー)が投げる時は相性がいいので、それを信じた。ランナーがいなかったので(本塁打を狙い)思い切っていってやろうと。打った瞬間、届くかなと思いました。去年は同じ広島に2つでやられたので、明日勝って2つで返したい」と話し、ファンの大歓声に応えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス