文字サイズ

相撲、新十両に御嶽海と高立 名古屋場所番付編成会議

 日本相撲協会は27日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月12日初日・愛知県体育館)の番付編成会議を開き、3月の春場所に幕下10枚目格付け出しでデビューした東洋大出身の御嶽海(22)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=と拓大出身の高木改め高立(23)=本名高木立太、石川県出身、木瀬部屋=の2人が新十両に昇進した。

 昨年にアマチュア横綱、学生横綱となった御嶽海は所要2場所で昇進し、遠藤や逸ノ城らに並び11人目となる最速記録。長野県からは1968年秋場所の大鷲以来47年ぶりの新十両となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    相撲最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(相撲)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス