文字サイズ

【一問一答】河野公平「死に物狂い」

 判定勝ちした河野公平
1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(16日、シカゴ)

 WBA世界ス-パ-フライ級タイトルマッチが16日(日本時間17日)、米国イリノイ州シカゴのUICパビリオンで行われ、王者・河野公平(34)=ワタナベ=が3-0の判定で、元世界3階級王者で同級2位の亀田興毅(28)=K3BOX&FIT=を下し、2度目の防衛に成功した。敗れた興毅は現役引退を表明した。

  ◇  ◇

 河野との一問一答は以下のとおり。

 -防衛に成功。

 「まず(渡辺均)会長に感謝ですね。この試合を決めてくださった。すごい大変だったと思います。決めてくださった会長に感謝です」

 -勝因は?

 「ジャブってあまりうまくなかったんですけど、高橋トレ-ナ-と練習したのが当たった。ジャブがポイントになるというのもジョ-小泉さんに言われて。あとはアッパ-がいいんじゃないかと。それが当たったのがよかった。高橋トレ-ナ-と練習したカウンタ-の右が当たって倒れた。『うわっ、倒れた』と。後半も敵地なのでどうなるかわからないなと思って、もう死に物狂いで、10、11、12(ラウンド)は『これで死んでもしょうがない』と思って。人生懸けて行きました。絶対に勝ってやる!と思って」

 -足を止めた打ち合いはプラン通り?

 「最初は(亀田が)足を使って逃げるかな、と。アウトボクシングしてくると思っていたんですけど、打ち合ってきたってことは僕をナメているんだなって。逆に来てもらった方が良かったんですけど」

 -打ち合いたかった?

 「打ち合ってくれたらラッキ-だな、足を使われたら大変だなと思った。カウンタ-が当たるんじゃないかなって夢を見てて」

「とにかく(自分の)コンディションがすごくよかったんです。ずっと節制していた。アメリカに来てからも過去最高にコンディションは良くて、シカゴということで日本でよりも気持ちが高ぶってアドレナリンがずっと出てていい感じでした。寝て、練習、減量だけだったんで」

 -鍵となった第2ラウンドを振り返って。

 「ちょっとボディー効いたなと思って、やべっ!と思って。(相手が)ガンガン来たら急所に当たったんで、あ、痛ぇと思って。ちょっと休んで、これもキャリアかなと思って。本当に2回くらい当たって。そこが分かれ目でしたね。で、最後にカウンタ-が入った。高橋トレ-ナ-と練習していた。さく裂したんで。よしっと勢いづきましたね」

 -カウンタ-は狙い通り?

 「勝手に身体が。そういう感じですね」

 -ローブローのアピールもよくやっていた。

 「ローブローもそうなんですけど、頭もガンガンガンガン来て。打ち合いのときにガンって来て。すげえパンチと思ったら、頭だった。逆に相手も(こちらの)頭をアピ-ルしてきて。痛かったですね」

 -場所はアメリカだしアピ-ルしようと?

 「例えば向こうがアピ-ルしても(レフェリ-に)止められるまでは行こうと。自分もそういつもりでいたんでガンガン行って。それがポイントになったかもしれないですね」

 -中間距離の右がかなり当たったのは予想以上?

 「ああ、はい。まさかこういう展開になるとは思わなかったんで。右当たるなと思って。思ったよりパンチが当たってよかったですね。(亀田が)ディフェンシブでくるかなと思っていたんで。いろいろな展開を考えていたんですけど、(トレ-ナ-の)高橋さんと考えていたんで。それは当たってよかったです。練習したことってあまり出ないんですけど。1つでも出てよかったです」

 -(5月に骨折した)アバラの不安は?

 「気にしたら負けだなと思ったんで。気にしてなかったですけど、途中ちょっと痛かったという部分もあった」

 -(脇腹を)守るためにしたことは?

 「いつも意識しているんですけど、ガ-ドしようと。したつもりなんですけど、あんまりですね。もっともっと練習します」

 -相手は意図的にラフにきたと思った?

 「向こうはそういうボクシングをどんどんしてきているんで、ビデオとか見ていて。来るのは想定内。頭からくるぞって。でもそこは負けちゃいけないなと思って」

 -9回の自身の減点は?

 「しょうがない。あれはうっちゃったからですね。でもアメリカって公平だなって思いました。よかったです、ほんと」

 -マカオでやりたいという話もあったが、アメリカでは?

 「違う環境に来ると(気持ちが)盛り上がってくる。人それぞれなんですけど、僕はいいのかなって。マカオでチャンスがあればぜひとも行きたいですね」

 -判定では勝てないと言っていたが、判定で勝った。

 「ポイント取るのが上手くないんで。よかったですよ、ほんと。この試合にすべてをかけていたんで。毎日毎日、ビデオを何回も見た。そういう意気込みだったんで。会長が作ってくれたチャンス。期待というか、応えたいなと。そういうつもりで燃えてました」

 -ビデオとの相手の印象の違いは?

 「1、2ラウンドは『パンチあるな』と。『左強いな、やべぇ、倒されちゃんうじゃないかな』と。パンチありましたね。だんだん(力が)落ちてきたんで。途中、9(ラウンド)か、10か、カウンタ-でもらった。あれは効きましたね。でも僕のパンチもちょっと効いてた感じもしたんで。本当にアメリカのジャッジはストップって言うまでずっと打っていいとわかった。手を止めちゃ負けだなとわかって。ガンガン人生を懸けていきました。そうしたら血尿になってて(笑)」

 -米国のファンの反応は良かった。

 「本当ですか!本当にそういうのはうれしいです。ロスに合宿に行ったときに世界戦を見させてもらったんですけど、いい試合に対して拍手があったりして、『これ、いいなぁ』って」

 -亀田が引退を表明した。

 「彼も凄い崖っぷちだったと思うんですよ。プレッシャ-をかけて、かけられて。試合前もすごい盛り上げていた。ここまで言うのか、って。でも、そういうつもりじゃないんだな、いい人なのかなってそういう気持ちもあって。いろいろ大変だったと思うんですけど、試合したいのにできなかったりとか。お疲れさまという気持ちです。好きとか嫌いとかそういうのはない。スポ-ツマンとして正々堂々と戦って、やめるなら、お疲れさまと気持ちですね」

 -試合後はどんな言葉を掛け合った?

 「死に物狂いだったんであまり覚えてない。なんか僕が言ったんですけど、忘れちゃいました」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス