文字サイズ

船木誠勝、スーパー・タイガーを制す

ベルトを奪取した船木=後楽園ホール
スーパー・タイガー(左)にキックを見舞う船木=後楽園ホール
スーパー・タイガー(手前)にハイブリッド・ブラスターを見舞う船木=後楽園ホール
3枚3枚

 「リアルジャパン」(18日、後楽園ホール)

 6月末でWRESTLE-1を退団した船木誠勝がレジェンド王者のスーパー・タイガーを破り、フリー転向後初のベルトを手にした。

 序盤に強烈な掌打でダウンを奪った船木は、回し蹴りに苦しむ場面もあったが、浴びせ蹴りで優位に立ち、ハイブリッドブラスターで勝負を決めた。総合格闘技の技術を併せ持つもの同士の激しい打撃戦を制した船木は「懐かしい衝撃があった。UWFとかパンクラスのころの」と笑顔で振り返った。

 心臓を手術した初代タイガーが欠場する中、少年時代にあこがれた初代タイガーマスク(佐山サトル)が創設したリングで、初代タイガーの一番弟子を下した船木は「佐山さんが戻ってくるまで、このリングを守りたい。(ベルトを)取ったからには今までと違う歴史を作りたい。(この先)何歳までもできないような試合をしたい」と王者としての決意を明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス