文字サイズ

FMW復活 ハヤブサ復帰リングを用意

13年ぶりのFMW復活を宣言した(左から)超電戦士バトレンジャー、高橋英樹社長、ハヤブサ
13年ぶりのFMW復活を宣言した(左から)超電戦士バトレンジャー、ハヤブサ、参戦するWRESTLE-1のKAI
2枚2枚

 2002年に活動停止したFMWが、「超戦闘プロレス FMW」として13年ぶりに復活する。3日、都内で設立会見が行われ、大仁田厚(57)らが参戦して4月27日に東京・新宿FACEで再旗揚げ戦を行うことを発表した。

 4月21日の青森・弘前を皮切りに22日仙台、23日福島・会津若松でプレ再旗揚げ戦を行う。当面は団体ではなく、所属選手なしのプロモーションとして活動する。

 旧FMWで専務取締役営業部長を務め、今回、FMWプロモーションの代表取締役社長に就任した高橋英樹氏(55)は「休眠していたFMWをもう1回復活させようと考えた。(当時の荒井社長の自殺という)悲しい事件の後、ちりぢりになった選手でもう1回集まろうということ。そして、(01年10月の試合中に大けがをした)ハヤブサの帰ってくるリングを用意したい」と再興の理由を説明した。

 エグゼクティブ・プロデューサーを務める予定のハヤブサは「FMWには相当な思い入れがある。大仁田さんが参加してFMWを名乗るならできる範囲で精いっぱい協力しようと思う。新しく発展したFMWを見せたい」とコメントした。また、高橋社長は「有刺鉄線電流爆破デスマッチもやりたい。本家本元なんで」と色気を見せた。

 5月のシリーズ日程まで発表された。4月は大仁田以外に超電戦士バトレンジャー、リッキー・フジ、保坂秀樹、田中将斗、ミス・モンゴルらの参戦が決定。NOSAWA論外も会見で参戦をアピールし、受諾された。WRESTLE-1の協力でKAI,アンディ・ウー、吉岡世起らが出場する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス