文字サイズ

秋山らが現体制の全日本から“独立”

 全日本プロレスの秋山準(44)、諏訪魔(37)、曙(45)ら所属選手が6月30日の契約満了をもって、2012年11月からオーナーを務めていたレッドウォールジャパンの白石伸生社長(41)のもとを離れ、“独立”することが4日、分かった。和田京平名誉レフェリー(59)らスタッフも追随し、7月から新会社を設立、秋山が社長を務める。企業の支援は見込んでいるものの、親会社は持たないという。新体制での初戦は7月12日の大阪・ボディメーカーコロシアム第2競技場大会となる。

 昨年6月いっぱいで前オーナーの武藤敬司(51)、武藤に追随する選手と残留組に分裂した全日本が、1年後に再び新局面を迎えた。昨夏以降の新生・全日本は試合内容は充実していたものの、リングを離れた部分でトラブルもあった。選手サイドは今春には“独立”の考えで一致。白石オーナー側と話し合いを続け、円満な形で契約を終了することが決まった。

 ファンが目にするリング上の光景に変化はない。世界タッグなどのベルト、横浜市内の道場は創設者の馬場家が管理しており、継続して使用予定。昨年10月からリニューアルされた3冠ヘビー級ベルトは、状況によって以前の3本(旧インターナショナル、PWF、UNヘビー)に戻る可能性があるという。ただ、「全日本」の看板は流動的で、関係者は「新たな団体名を名乗ることもある」とした。

 “新体制”は秋山を諏訪魔、渕正信(60)らが支えていく形になるとみられる。親会社がなくなることから、これまで以上にファンに愛される団体を目指していく。なお、8・30名古屋(愛知県体育館)など、発表済みの大会はすべて行われる予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス