文字サイズ

東MAX、桃食べて死にそうに

 叶姉妹の叶美香が緊急入院したことで話題になっている急性アナフィラキシーショックを、お笑いタレントの東貴博(45)が4年前に発症、「死ぬんじゃないかと思った」ことを4日、日本テレビ系「スッキリ!!」(月-金曜、前8時)の取材に対して明かした。

 東MAXは桃が大好きで、季節になると桃ばかり食べていた。ある時、食べて2、3時間してから「なんか口の中がかゆいなって思って気道が詰まるような感じがあって」、鏡で顔を見ると腫れていた。

 症状は2日ほど続いたが、その時は病院へは行かなかった。

 また別の日に食べて、ドラマの現場へ向かおうとした車の中で、「バックミラーを見る度に顔が腫れていくんですよ」。口の中がかゆくなり、今までにないほど息苦しくなって「やばい、これちょっと死んじゃうんじゃないかって恐怖に襲われた」という。

 病院へ行くと「桃が原因のアナフィラキシーショック」と診断された。

 「それまでの一生で散々食べてきたのに…」と、東MAXは好きな物から裏切られたショックを今でも生々しく思い出している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス