文字サイズ

宮迫「離婚の危機」明かす

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(45)が10日深夜、ABC(朝日放送)で放送された「雨上がりのやまとナゼ?しこ」に出演。数年前の浮気報道が原因で深刻な離婚危機に陥ったことを告白した。恐妻家で知られる宮迫だが、「もう別れます」と妻に宣言し、20日間、妻からの電話にも出なかったという。

 浮気疑惑についてのトークで、宮迫は「オレはもう、何回も撮られてるからね。2週連続もあった。一番ひどい時はホンマ、離婚の危機やった」と振り返った。

 「2週連続」というのは2011年1月末と2月上旬、2週にわたり写真週刊誌「フライデー」で浮気疑惑を報じられたこと。“元タレントの女性(当時22歳)宅からの朝帰り”、翌週に“博多で美女と合コン”との内容だった。

 宮迫は「そん時、ちょうど(嫁と子供が)実家に帰ってて。『記事もデタラメやし』と(嫁に)説明した」にもかかわらず、妻が「道も歩かれへんわ!」とすさまじい剣幕で怒ったことから、「もういいです、もう別れます!」と宣言。離婚を決意し、妻から何度も電話がかかってきたものの、「20日間、一切電話出なかった」ことを明かした。

 それでも、仲直りしたのは、子供のおかげだった。「パパ電話出て~、電話出て~パパ」と妻が子供に電話をさせてきたことがきっかけで「申し訳ない」(宮迫)、「言い過ぎた」(妻)と歩み寄ったという。

 宮迫は「ホンマ、離婚の危機やった」としみじみ明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス