文字サイズ

橋下氏“天敵” 番組出演見合わせ決定

番組出演見合わせが決定した藤井聡教授
1枚拡大

 大阪・朝日放送(ABC)は、大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)からテレビ番組を政治利用しているとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)に提訴された京都大大学院教授の藤井聡氏(47)に関して、同局レギュラー番組への出演を見合わせることを決めた。ただし維新側が指摘している、藤井氏が同局ニュース番組で反維新勢力に有利に働くよう番組内容を改編したとの疑惑は否定した。

 藤井氏は今年5月の大阪都構想の住民投票などで、橋下氏と激しく対立していた。大阪維新は16日に、藤井氏が、11月の大阪W選挙の反維新勢力の候補予定者や、大阪自民幹部に宛てたとされるメールを公開。その文面には、藤井氏が「陰から」応援するとして、レギュラーを務めるABCのニュース番組「おはようコールABC」で、当初準備されていたW選関連の報道に使用するパネル文面を、反維新勢力が優位に働くよう、スタッフに作り替えさせたとの記載がある。

 これに対し朝日放送広報部は、「通常と同様、プロデューサー、スタッフ、コメンテーターの藤井聡氏らで意見を交わして作り上げました。最終的にはより分かりやすい文言を、ということでスタッフが考え、プロデューサーがOKを出したものです。藤井氏の意見によって変えたということではありません」との見解を発表した。

 ただ、「ダブル選挙の投票日までまもなく1カ月となることから、藤井氏とあらためて話し合いをし、出演見合わせを決めました」との決定を明らかにした。

 藤井氏は17日、別にレギュラー出演するABCの生番組「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」も休演した。

 大阪維新のBPOへの申立書は、藤井氏を起用するABC番組に対し、テレビの政治的中立性に反する、放送法4条違反だと訴えている。また大阪維新は当該メールは信頼できる人物から入手したとする一方で「裏付け調査にも限界がある」として、BPOに調査を求めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス