文字サイズ

みのもんたの相方、南波糸江アナが結婚

 みのもんた次男の逮捕騒動の余波で昨年3月で終了した文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」でアシスタントをつとめていたフリーアナウンサーの南波糸江(32)が15日、公式ブログで結婚を発表した。相手の年齢やプロフィルについては明かしていないが、所属事務所によると、お相手は年上の会社員だという。

 南波はブログで「私事ではありますが、かねてからお付き合いをさせて頂いていた方と入籍をいたしました」と結婚を報告。「彼のとても穏やかで優しいところ、そして心の豊かさに惹かれ、今まで全力で生きてきた私に足りなかったたくさんのこと学ばせて頂きました」と結婚を決意した理由を説明した。

 南波は立命館大学在学時にKBS京都の学生参加型番組「Go on」に出演。その後プロ活動に転じ、2005年には初代ミス小野小町に選ばれた。12年7月から「みのもんたの-」でみのの“相手役”を務めた。13年9月にみのの次男が逮捕され、番組は14年3月で終了した。

 13年には一部週刊誌でプロ野球選手との交際が報じられたこともあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス