文字サイズ

YOSHIKI 次回ツアー最後かも…

診察を受けている写真をインスタグラムで公開したYOSHIKI
1枚拡大

 重度の腱鞘炎で悩んでいるロックミュージシャンのYOSHIKIが14日(日本時間15日)、医師の診察を受けている写真をインスタグラムで公開、「次にツアーできるとしてもそれが最後になるかもしれない」と悲壮な心中を明かした。

 YOSHIKIはツイッターに英文で「もしツアーができたとしても、それが最後になるかもしれないし、ならないかも…」と、次回ツアーが自らの右手首に致命傷を与える可能性を示唆した。

 YOSHIKIは昨年、ソロとして初の世界ツアーを敢行。しかし今年2月、長年患っている右手首の状態について、ツイッターで「手術をしても治る保証はないみたい。場合によってはその日から使えなくなる」とかなり悪いことを打ち明け、「手術は選択しない」と決断したことを伝えていた。

 そして今回、YOSHIKIは主治医からかなり悲観的な診断を受けたようだが、嘆くわけではなく「私は最後までロックし続ける」と、毅然とした姿勢を示してみせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス