文字サイズ

藤井教授 橋下氏を非難「言葉失った」

 京都大大学院教授の藤井聡氏
1枚拡大

 大阪市の橋下徹市長(45)と大阪都構想を巡りバトル状態にある、内閣官房参与で京都大大学院教授の藤井聡氏(46)は5日夜、統一地方選を前に、橋下氏側が在阪テレビ局に藤井氏の番組起用を自粛するよう求めたことに対し「言葉を失った。由々しき事だ」と猛烈に非難した。

 この日、橋下氏はこのほど維新の党から在阪テレビ局に対し、統一地方選が迫った時期の藤井氏の番組起用は政治的公平性を求めた放送法に反するとして「報道姿勢への留意」などを求めた書面を送付したことを公表。藤井氏が反維新の政治グループの集会に参加していることを挙げ「放送局がどっぷり政治活動に与して足を踏み入れすぎた人を使って、テレビの中立公平性を保てるのか」と批判した。

 これに対し藤井氏はデイリースポーツの取材に「当方は公共政策の学者であり政策についての所見を述べる言論活動は社会的責任。それが露骨な政治活動だと言うなら、政治的言論のおおよそが封殺されることになる」と主張した。

 そのうえで藤井氏は「こうやって公権力によって都構想の世論が歪められるのかと知り、言葉を失った。由々しき事だ」と橋下氏の姿勢を批判した。

 なお、藤井氏がコメンテーターとしてレギュラー出演している情報バラエティー「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(土曜、午前9・30)を放送している大阪・朝日放送(ABC)は、維新からの書面通達があったことを認めたうえで、藤井氏の今後出演関して変更はないとした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス