文字サイズ

【最優秀助演男優賞】岡田 スピーチ全文

司会を務めた西田敏行(左)と真木よう子
1枚拡大

第38回日本アカデミー賞授賞式が27日、都内で開かれ、V6の岡田准一(34)が「永遠の0」で最優秀主演男優賞、「蜩ノ記」で最優秀助演男優賞を受賞した。男性のW受賞は史上初。ジャニーズ勢として初めてアカデミー賞を受賞した岡田は、「映画人と認めていただけて…」と感涙し、「最高の日です」と幸せいっぱいの笑顔を見せた。11部門で優秀賞に選ばれていた「永遠の0」は作品賞、監督賞など最優秀賞で最多8冠に輝いた。

 【以下、岡田の最優秀助演男優賞受賞スピーチ】

 ありがとうございます(少し沈黙)。あの…あの…すいません…。(左目の涙を親指でぬぐう)

 自分を映画人と認めていただけて、ありがとうございます。ここに立つことを許してくださった方、応援してくださった方に感謝しています。きょうは最高の日です。

 (涙で声を震わせ)

 長年、一緒に仕事をしてきた仲間(V6の井ノ原快彦)から「ここ(アカデミー賞の授賞式)に立てることを誇りに思う」とメールをいただいて。人に誇ってもらえることが非常にうれしいです。

 (目を潤ませて)

 いつも各部署のスペシャルな仕事に応えたいといつも臨んで現場に立っていますが、自分ではまだ至らないと思うこともあります。ただ、たくさんのスタッフのみなさんに支えていただき、ここに立つことを期待して仕事をさせていただいていたのを感じています。本当に全てのみなさんに感謝したいと思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス