文字サイズ

石井光三さん 「人生に満足」と二女に

会見前にあいさつをする次女の石井久美子社長=東京・渋谷の新大宗ビル(撮影・園田高夫)
2枚

 コント赤信号、磯野貴理子(50)らを育てた芸能プロダクション「石井光三オフィス」会長の石井光三さんが6日午後6時5分、胆管がんのため都内の病院で死去していたことが13日、分かった。83歳。東京都出身。葬儀・告別式は故人の遺志に従い、近親者のみで行った。喪主は妻秀子(ひでこ)さん。「お別れの会」などは未定。

 独特の関西弁と人懐っこさで愛された、名物会長が旅立った。

 石井さんは1963年に俳優からマネジャーに転身。83年、「石井光三オフィス」を設立し、コント赤信号、ピンクの電話ら多くの喜劇人を育てた。

 ラサール石井(59)が「オレたちひょうきん族」で石井さんのものまねを披露したことから、存在が広く知られるようになり、社長業のかたわら、自身もタレントや俳優として活躍した。2006年に社長を勇退し、会長に就任した。

 次女で現社長の久美子さん(47)は「2年前、病気が見つかった時も『もう満足した人生やったから、このまますぐに逝けまへんか。大満足やねんけどなー』とお医者さまに言っていました」と豪快だった父をしのんだ。

 遺志に従い、家族ら近親者のみが参列して10日に通夜、11日に葬儀が行われた。亡きがらはトレードマークだったジャンパー姿で、ひつぎには好きなタバコやバナナ、チキンラーメン、家族と所属タレントの写真、寄せ書きが入れられたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス