文字サイズ

フジ大みそか&元日夜は最下位

 フジテレビの年末年始特番視聴率は振るわなかった。

 昨年の大みそかは2014年を振り返る「フェイス・オブ2014 世界が選ぶ今年の顔!」(午後6時~同9時)が4.0%だった。人気アニメの映画版「ワンピース エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」(同9時~11時)が3.3%と、いずれも同時間帯の在京キー局番組で最も低い数字となった。

 ちなみに、テレビ東京は毎年恒例の「年忘れにっぽんの歌」(午後5時~同9時30分)が5.8%、内山高志、河野公平、田口良一が登場した「ボクシング3大世界戦」は5.6%だった。ボクシングは大みそかの同時間帯の番組としては過去最高の数字だったと、テレビ東京が発表している。

 さらに、元日もフジテレビは苦しんだ。

 午後6時~同9時の「オールハワイナイトフジ2015ハワイにいる芸能人大集合!ビッグスターからのお年玉つき生放送SP」は4.4%、続く同9時~11時30分の「鶴瓶のうるさすぎる新年会2015」は3.6%と両番組とも同時間帯の在京キー局番組で最下位だった。

 「オールハワイ-」はとんねるずとさまぁ~ずが司会のバラエティー番組で、ハワイから日本から19時間遅れの新年カウントダウンを生中継。錦野旦のどっきりや視聴者へのプレゼントが主な企画だった。

 「鶴瓶の-」は大相撲の横綱・白鵬や綾小路きみまろらが出演したバラエティー番組だった。

 (視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。関東地方の平均世帯視聴率)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス