文字サイズ

ぱるる、珠理奈らでニャーKB結成

 AKB48が16日、東京ドームシティホールでライブイベント「第4回 AKB48紅白対抗歌合戦」を開催。「妖怪ウォッチ」の劇中ユニット「ニャーKB」を島崎遥香(20)、松井珠理奈(17)ら7人で実際に結成してCDデビューすることを発表した。

 「ニャーKB」は「妖怪ウォッチ」のゲーム版にもアニメ版にも登場し、人気キャラクターのジバニャンが大ファンだと公言するアイドルユニットだ。

 リアル版「ニャーKB」はトリプルセンターの島崎、珠理奈、宮脇咲良(16)に川栄李奈(19)、小嶋真子(17)、木崎ゆりあ(18)、加藤玲奈(17)の7人で結成。ユニット名は「ニャーKB with ツチノコパンダ」で、デビュー曲が、テレビ東京系のアニメで来年1月9日放送分からのエンディングテーマとなる。

 メンバーはこの日、猫耳スタイルに「妖怪メダル」をあしらった衣装で、招き猫のような振り付けでパフォーマンスを披露。映画版のゲスト声優を務めた島崎は、歌唱後に登場したジバニャンにすり寄られると、「仲良くなったつもりはないです」と、持ち前の塩対応をお見舞いした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス