文字サイズ

軍師官兵衛 最終回が1週間延び21日に

岡田准一から贈られた博多織(帯)を手に感激の井上真央=東京・NHK放送センター(撮影・開出 牧)
1枚拡大

 NHKは21日、衆院選の投開票日が12月14日に決まったことを受け、同日に予定していたNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(総合 日曜 後8・00)の最終回の放送を休止し、1週間後の同21日に延期すると発表した。BSプレミアムの放送も同日の午後6時からに変更となる。平成以降、大河ドラマの最終回が延期となるのは初めてという。

 過去に大河ドラマが、国政選挙の投開票日と重なった際は、開票特番の放送のため、午後8時からの放送枠を午後7時15分に前倒して放送したケースがある。だが、今回は最終回で通常の45分から拡大版の60分の放送とあって、午後7時からの枠への移動は「ニュース7」があるため難しく、翌週への延期を決めたという。

 この日は「軍師官兵衛」の主演・岡田准一(34)と、次回作「花燃ゆ」(1月4日スタート)の主演・井上真央(27)のバトンタッチ会見が都内で開かれた。最終回の延期に、岡田は「(選挙は)大事なことです。これまでも長く官兵衛を見ていただいてますが、(延期で)年末までしっかり見ていただきたい。そんな気持ちです」と話していた。

 担当プロデューサーも「最終回のタイトルが『乱世ここに終わる』ですので、選挙で世の中がすっきり落ち着いて、翌週は、じっくり官兵衛見ていただいて、落ち着いた気持ちで年越ししていただければ」と話していた。

 また、バトンタッチ会見では、双方が物語の舞台の名産品を交換。岡田が、福岡市の「博多織の帯」を井上に、また井上は、山口県下関市の「ふく刺し」を岡田にプレゼントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス