文字サイズ

コブクロ たかじんさんヒット曲熱唱

 「大坂の陣400年音楽祭」が27日、大阪城西の丸庭園特設会場で行われ、コブクロ、flumpool、清水翔太(25)が出演した。コブクロは1万2500人の観衆を前に、今年1月に死去した歌手・やしきたかじんさんの「大阪恋物語」を熱唱した。

 大トリのコブクロは星空の下、ライトアップされた大阪城が見渡されるシチュエーションで登場。「行くぞ!大阪!」のかけ声から「君という名の翼」「轍‐わだち‐」でスタートした。

 大阪出身の黒田俊介(37)が、会場近くの球場でよく野球をしていて、着替えの入ったスポーツバックを紛失してユニホーム姿で地下鉄を移動したという思い出話を披露。今年の大阪マラソンの公式テーマ曲「42・195km」から「Million Films」「今、咲き誇る花たちよ」「蕾」と続けた。

 そして小渕健太郎(37)が「先日、やしきたかじんさんの奥さまよりお手紙を頂き、たかじんさんが生前に“元気になったらこれをしたい、あれをやりたい“と書きつづっていたノートに“コブクロに大阪恋物語を歌ってほしい”という一文があったという事実を知りました。その話を聞いて、大阪が愛してやまない偉大なるシンガー、やしきたかじんさんの思いを受け取り、僕も黒田も絶対歌おうと即決しました。天国でこの歌を聞いて、喜んでくれていたらいいなと思います」と話し、たかじんさんの「大阪恋物語」を最後に歌い上げた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス