文字サイズ

東国原氏 1度目の結婚を公表 お相手は…

イベントでかとうかず子の前の結婚相手について明かした東国原英夫氏
3枚

 前衆議院議員の東国原英夫氏(56)が25日、都内で行われた映画「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」(6月28日公開)の試写会イベントに登場。前妻で女優・かとうかず子(56)との結婚前に、師匠であるビートたけしの追っかけだった女性と結婚していた事実を公表した。

 この日は作品にちなみ、自身の秘密を告白することになった東国原氏。「隠していたわけではない」が、これまであまり触れてこなかった、「1番目の奥さん」について告白した。

 この日のイベントでは、「今はお幸せに暮らしているので」と実名もイニシャルにも言及するのは避けたが、お相手はフリーアナウンサーやタレントとして活動していたKさん。たけしと共に出演したドラマでの共演をきっかけに知り合い、結婚した。

 東国原氏によると、「師匠であるビートたけしの追っかけ」だったというが、新婚生活は、たけし軍団がフライデーに殴り込んだ1986年のフライデー襲撃事件でヒビが入っていったという。

 たけしから電話で呼び出され、妻に「『ちょっと行ってくるね』と言って知らずに出かけたのがフライデーだった。そこから4、5カ月帰らず、(家に)帰ったら荷物がなかった」と当時を振り返った。

 さらに決定打となったのは、謹慎明けの88年に、小説「ビートたけし殺人事件」を出版したこと。「見たことのない印税が入って、遊びまくって、また家(うち)に帰らなくなった」と離婚に至った理由を赤裸々に告白。「若気の至りです」と反省していた。

 なお東国原氏とかとうは90年に結婚。06年2月に離婚した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス