文字サイズ

泉谷しげる 自作2曲の著作権放棄希望

 シンガーソングライターの泉谷しげるが、自作曲の著作権を放棄する意向を固めた。5日のブログで明らかにした。

 泉谷が「永久に“廃棄”することにした」と明らかにしたのは「自殺のすすめ」と「先天性欲情魔」の2曲。「嫌いな歌をイヤイヤ歌ってもな~若気のいたりは観る者聞く人に不快と苦痛?を与えるだけだし付き合わせるだけ時間のムダ!」と言い切った。

 その上で「モチロンこの2曲の著作権も放棄したいので(どやって手続きしたらイイんだ?)書類なんぞあるならサインしちまお!(笑)」とどこまでも本気で著作権放棄を考えている。

 泉谷は2年前から有楽町のニッポン放送イマジンスタジオで、自作のすべてを演奏する「泉谷しげる・全曲制覇」ライブシリーズを開催してきた。

 そのライブで、若いころの自作とも向き合ってきた結果、問題の2曲について、「永久に廃棄」したいと考えるようになったようだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス