文字サイズ

沈没船救助の教頭 首つり自殺

 韓国・珍島沖の旅客船「セウォル号」沈没事故で約250人の生徒が行方不明になっている檀園高校(京畿道安山市)の教頭(52)が18日午後4時5分ごろ、全羅南道珍島郡の体育館の裏山で首をつって死んでいるのが見つかった。朝鮮日報(日本語電子版)など韓国メディアが報じた。

 教頭は「自分の遺体を火葬して、セウォル号が沈没した海域に遺骨をまいてほしい」という遺書を残していた。教頭はセウォル号に乗っていた檀園高校の2年生325人の引率責任者だった。

 現地メディアによると、早い段階で救助されていたという教頭。倫理の教師として長年教壇に立ち、先月1日に檀園高校の教頭に着任したばかりだった。

 珍島警察署によると、教頭は体育館近くの運動場から100メートルほど離れた山の中腹の木に、ベルトを掛けて首をつっているのが発見されたという。

 教頭が所持していた財布の中には、自筆の遺書が入っていた。

 朝鮮日報によると、教頭は17日、ある保護者が校長に対し、「何で教頭は生きて帰ってきたのか」と抗議する場面を目撃し、その後行方が分からなくなっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス