文字サイズ

スリム真栄田 双子弟の死を涙の初告白

 お笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田賢(37)が10日、日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」(火曜、後9・00)に出演。5歳の時に生まれた双子の弟が、生を受けた直後に息を引き取っていたことが明かされた。真栄田がテレビで亡くなった弟たちの話をするのは初めて。

 真栄田の記憶によると、双子の弟は「5歳の時、生後3日ぐらいで亡くなった」という。その3年後に母・よし子さん(60)は再び妊娠したが、お腹が大きくなった時に転倒し、流産してしまった。真栄田家では、亡くなった弟たちの話題はタブーのようになっていたため、これまで母親と話す機会もなかったという。

 番組を通じて、沖縄の実家で母・よし子さんと話し合った真栄田。よし子さんは、弟たちが生後1時間ぐらいで亡くなったことを明かし、「つい最近まで(亡くなった弟の)年齢を数えていた」ことや、「ヨウスケ君とカズオ君」と双子の名前をつけていたことを告白すると、真栄田は、涙が止まらなくなっていた。

 真栄田は、最近、「人の目が気になって仕方がない」と神経的なストレスが原因で顔がけいれんすることもあることを明かした。その原因が、子供を亡くした母親が、ずっと他人の目を気にして生きてきたから、自分もそうなったのではないか、と思い悩んでいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス