文字サイズ

AKB河西卒業 大島優子も駆けつけた

 AKB48の河西智美(21)が3日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った。総監督の高橋みなみ(22)らと篠田麻里子(27)がキャプテンを務めるチームA公演に出演。250人のファンから大きな「とも~み」コールを受け、「ありがとうございます」と感激の面持ち。「AKBを卒業しても夢を追いかけたい」と涙で語った。卒業後も歌手、タレントとして活動する。

 06年に2期生としてAKB入り。この日の公演には大島優子(24)、宮澤佐江(22)ら同期生も駆けつけ、「お互い環境は変わるけど、また一緒にステージに立てればいいなと思います」(大島)、「キミには仲間がたくさんいることを忘れないでください」(宮澤)とエールを送った。秋元才加(24)も今夏の卒業を発表しており、河西の卒業で残る2期生は、秋元含め6人のみとなった。

 卒業公演よりひと足早い4月27日に武道館で行われた卒業セレモニーには、大島、秋元ら在籍する2期生が集結。今年1月1日に脚本家と結婚した元SDN48メンバーの大堀恵(29)も姿を見せ、河西は「め~たん(大堀)みたく幸せになる」と誓っていた。

 河西は8日にソロとして2枚目のシングル「Mine」を発売する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス