文字サイズ

嵐・二宮主演作の初日あいさつに6万人

映「プラチナデータ」の初日あいさつに出席した(左から)水原希子、生瀬勝久、豊川悦司=東京・日比谷のTOHOシネマズスカラ座
2枚

 嵐の二宮和也(29)が16日、都内で行われた主演映画「プラチナデータ」の公開初日あいさつに出席した。

 作家東野圭吾氏の同名小説の映画化で、二宮が天才科学者役に挑戦した同作は公開前から高い注目を集め、この日のあいさつは全国72劇場で生中継された。観客数は2回のあいさつを合わせ6万人で、日本映画史上最多記録を樹立。二宮は「なかなか無いことですよね。共有できるのがうれしいです」と感激し、中継のムービーカメラに向かって手を振った。

 あいさつでは、共演の生瀬勝久(52)が二宮の“超人”ぶりを告白。「本番に入ったときの集中力がすごい。飲んでて1、2時間しか寝てないっていうときもせりふがちゃんと入ってるし」と明かすと、二宮はあっけらかんとした様子で「飲みながら(せりふを)覚えたりしてるんですよ」と独自の記憶法を明かし、共演者を驚かせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス