文字サイズ

安室奈美恵、イベントで2年半ぶり登場

超ミニのワンピースで秋らしい装いの安室奈美恵
3枚

 歌手・安室奈美恵が13日、東京・渋谷のヒカリエホールで行われた「メルセデスベンツ ファッションウィーク東京」のオープニングセレモニーに登場。TOKYOファッションを世界に“発信”した。

 安室がライブなどの音楽イベント以外のセレモニーやイベントに登場するのは、2010年3月の沖縄国際映画祭でレッドカーペットを歩いて以来、2年半ぶり。

 安室は、FACETASM(ファセッタズム)という日本ブランドの個性的なレオパード(ひょう)柄の超ミニのドレスに、黒いブーツ姿で登場し、笑顔でテープカットを行った。

 テープカットは人生初という安室は「少し緊張しましたが、楽しませていただきました」と明かし、「TOKYOのファッションが世界から注目を集めていくことをこれからも楽しみにしています」とコメントした。

 FACETASMのホームページによると、レオパード柄は今シーズン注目のアイテムという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス