文字サイズ

品川が同年代芸人の「厄」連鎖を嘆く

 7月下旬に飲食店で左ひざを骨折し、全治一カ月のケガを負った品川庄司の品川祐(40)が19日、自身のブログで同年代芸人を連鎖反応のように襲う“厄”を嘆いた。

 前厄だという品川は「僕ら同年代の厄の勢いがハンパじゃない。僕は骨が折れたり、坊主にされたり ケンコバ(※ケンドーコバヤシ)さんは痛風 大輔(※宮川大輔)さんはあることないこと書かれて ダイノジのおおちさんは糖尿病。厄の勢いがハンパねえ!」と嘆いた。

 品川は相方の庄司智春と2人そろって、「アメトーーク!」の企画で、「初心に返る」ために丸坊主になった姿が公開されたばかり。また、宮川の「あることないこと」は、一部夕刊紙で報じられた“下半身スキャンダル”のことを指しているようだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス