文字サイズ

元幕内土佐豊が引退 膝の負傷完治せず

引退会見で悔しそうに唇をかむ土佐豊=両国国技館(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 元幕内で西三段目40枚目の土佐豊(30)=本名・森下祐哉、時津風=が22日、膝のけがが完治せず現役を引退した。日本相撲協会に年寄「安治川」の襲名を承認され、今後は部屋付き親方として後進の指導に当たる。

 土佐豊は高知県土佐市出身。得意は右四つ、投げで最高位は東前頭筆頭。師匠の時津風親方(元幕内時津海)とともに両国国技館で開いた記者会見では「膝にどうしても力が入らないので引退を決めた。今はすっきりしている」と話し、思い出の一番には大関初挑戦で勝利した10年大阪場所の琴欧洲戦を挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス