文字サイズ

“怪物”高校生ハキームが2冠に

2冠を達成したサニブラウン・アブデル・ハキーム
1枚拡大

 「陸上・世界ユース選手権」(19日、コロンビア・カリ)

 男子200メートルで、日本の“怪物”高校生が大快挙だ。

 100メートルを制したガーナ人の父を持つサニブラウン・アブデル・ハキーム(16)=城西大城西高=は、03年大会のウサイン・ボルト(ジャマイカ)の大会記録(20秒40)を上回る20秒34の大会記録をマークし、2冠を達成。8月の世界選手権(中国、北京)の参加標準記録(20秒50)をクリアし、追加での代表入りも濃厚となった。

 国際陸上連盟の公式ホームページは、2冠を達成したハキームのコメントを掲載。「金メダル2つは期待通りの結果」だといい「僕はもっと大きなことを成し遂げたい。五輪の金メダル、世界新記録。この大会はそのための大きなステップになった」とコメントした。

 日本に誕生した16歳の怪物は、とうてい塗り替えることができないと思われている“人類最速の男”ボルトの世界記録も視野に入れている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス