文字サイズ

オリックスが総力戦で連敗ストップ

 「ソフトバンク1-5オリックス」(26日、ヤフオク)

 オリックスが総力で粘り抜き、連敗を2で止めた。さらに、ソフトバンクとの対戦成績も5連敗でストップさせた。

 九回に守護神・平野佳が1点差を追いつかれた。しかし延長十一回。1死一塁で、六回の守備から出場していた中村が左前に落ちるテキサス打。ソフトバンクの遊撃・今宮と左翼・中村晃が倒れ込む間に、一塁代走・小島が好判断でスタートを切り生還した。その後も駿太の右越え2点二塁打などで4得点。

 殊勲の中村は「打球は上がってしまったが、みんなの力で落ちてくれた」とラッキーな当たりに笑顔をみせた。「今日は長女の5歳の誕生日。両親も東京から見に来ていて、そのタイミングで打ててよかった」と、スタンドの歓声に応えた。

 執念でホームを踏んだ小島は「後で佐竹さん(外野守備走塁コーチ)に『判断が早すぎる』と言われたが、打球が落ちるかなと思って賭けに出た」と振り返った。

 最後は右第12肋(ろく)軟骨損傷から復帰即3連投となった塚原が締め、プロ初セーブ。

 福良監督代行は「疲れた。1つ勝つのは大変。途中出場した連中が頑張った」とたたえた。「塚原を休ませようと思っていたが、仕方ない。3連敗だけは避けないと」と、全員でつかんだ勝利をかみ締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス