文字サイズ

援護なしの日ハム・メンドーサ「七回は反省点」

 「交流戦、ヤクルト3‐2日本ハム」(15日、札幌ド)

 日本ハムのメンドーサ投手が7回を投げ7安打1失点と力投したが、打線の援護がなく4勝目を逃した。

 伸びのある直球にスライダー、ナックルカーブを織り交ぜ六回までは無失点。1点リードの七回、雄平、森岡に連続安打を浴びるなどで1死一、二塁。中村に左前適時打を浴び同点を許した。その裏の攻撃で2死一、二塁から代打大谷を送られ交代した。

 「毎回、言ってるけど勝ち星はこだわっていないので。七回に打たれたのは反省点。これからも今までどおり自分の投球をするだけ」と淡々と振り返り球場を後にした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス