文字サイズ

大谷また一歩前進 ポスティングシステム旧制度維持で大筋合意 米報道

大谷翔平
1枚拡大

 10月31日に失効したポスティングシステムの改定に関する協議を行っている日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)が旧制度を維持することで大筋合意した、と8日(日本時間9日)、AP電子版が伝えた。

 13年に成立した旧制度は、NPB球団が設定した上限2000万ドル(約22億8千万円)の譲渡金を支払う意思のある全メジャー球団が選手との交渉が可能というもの。一時は契約総額の15-20%を譲渡金とする改定案も検討されたが、今回の大筋合意は7日に同制度を利用してメジャー移籍を目指すことを初めて公言した日本ハム・大谷翔平投手(23)や、西武から米移籍を容認された牧田和久投手(32)にとっては大きな前進となる。

 ただし、大谷は労使協定に定められた「25歳未満でプロリーグ所属6年未満の海外選手」の対象となるため、マイナー契約しか結べず、契約金の上限が設定されるだけでなく、球団が6年の保有権をもつことになる。

 APによると、過去の海外選手との契約実績により定められた、メジャー各球団の今季の契約金の上限(7月2日から来年6月15日まで適用)はレンジャーズの353万5千ドル(約4億円)が最高。その後はヤンキースの325万ドル(3億7千万円)、ツインズの324万5千ドル(約3億6900万円)が続くが、100万ドル以上の契約を結ぶことが可能な球団はパイレーツ、マーリンズ、マリナーズを含む6チームのみ。40万~100万ドルがフィリーズ、ブルワーズ、ダイヤモンドバックス、オリオールズ、レッドソックス、レイズの6球団。

 大谷が高校卒業後に入団が予想されたドジャースやブレーブス、カブス、ホワイトソックス、レッズ、アストロズ、ロイヤルズ、アスレチックス、カージナルス、パドレス、ジャイアンツ、ナショナルズの12球団は上限30万ドル(約3400万円)。タイガース、エンゼルス、メッツ、ブルージェイズ、インディアンス、ロッキーズの6球団はいずれも20万ドル(約2300万円)以下となっている。

 ニューヨークポスト(電子版)は交渉に携わっている関係者の話として「まだ最終合意には達しておらず、修正される可能性がある」と記述。「所属球団への譲渡金と選手の契約金に開きがありすぎるため、大リーグ選手会が反対する可能性がある」と伝えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス