文字サイズ

インディアンス、驚異の20連勝 MLB史上4チーム目の偉業

フランシスコ・リンドア遊撃手
1枚拡大

 「インディアンス2-0タイガース」(12日、クリーブランド)

 インディアンスがメジャー史上4球団目、歴代3位タイとなる20連勝を記録した。

 02年8月13日~9月4日にアスレチックスが20連勝をマークして以来、15年ぶりの快挙。メジャー記録はニューヨーク・ジャイアンツが1916年9月7~30日に記録した26連勝で、シカゴ・カブスの21連勝(1935年9月4~27日)、インディンスとアスレチックスの20連勝が続く。

 8月24日以降、負け知らずのインディアンスは20試合のうち19試合で先制。20試合の総得失点は134得点に対し、失点はわずか32点と投打の歯車がガッチリかみ合っている。

 この日も23歳ながら打線の核となっているリンドアが初回に30号先頭打者弾。カウント2-2から外角低めの148キロ速球を地元ファンが陣取る左翼席へ叩き込み、チームを勢いづけると、エースのクルーバーがタイガース打線を4安打完封し、リーグ最多タイの16勝目。チームは地区優勝マジックを5とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス