文字サイズ

こわいもの見たさ・・・京都でリアルを追求したサザエさん展

国民的アニメの世界観をリアルに楽しめる企画展『アニメ50周年特別企画 サザエさん展 THE REAL』が、「大丸京都店」(京都市下京区)で8月12日からスタートする。

50周年を記念し2019年から全国各地を巡回している同展は、SNSでは「子どもたちが怖くて近づかなかった」という人もいれば、思う存分に写真撮影を楽しむ人も。その注目の的となっているのは、日本を代表する特殊メイクアーティスト・Amazing JIRO率いるクリエーター集団「自由廊」が作成した、リアルなサザエさん一家だ。

髪の毛は1本ずつ埋め込まれるなど、54歳の波平にいたっては肌のたるみ、シミなどまで表現され人間さながら。だが、耳のサイズやヒゲなどはアニメに忠実で非現実的な姿となっているため、「怖すぎる」と言われてしまっている。

ほかにも、アテレコを楽しめるコーナーや、「カツオの縁側ボーリング」「マスオのパンケーキダーツ」などのゲーム、イソノ家の玄関などが等身大となっているフォトスポット、オリジナルグッズを販売する「あさひが丘スーパー」など、『サザエさん』の世界観を存分に満喫できる内容になっている。期間は8月24日まで、料金は一般・大学生900円、小中高校生500円。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス