文字サイズ

福永祐一騎手が10年連続11回目のJRA年間100勝達成

 1日の中京競馬4Rを2番人気のサヴァイヴで制し、福永祐一騎手(42)=栗東・フリー=が、JRA年間100勝を達成した。今年5人目。自身にとっては10年から10年連続11回目となった。

 ウィナーズサークルには藤岡康太騎手、藤田菜七子騎手など後輩騎手も駆けつけて、大台到達を祝福した。福永は「ある程度、目標にしている数字ですし、達成できて良かったです。きのうは人気を裏切ったレースが多く、心苦しい思いがありましたが、きょう(自身)最初のレースで達成できて良かった」と胸をなで下ろしていた。

 「今年の目標は大きなレースで存在感を示すことでした。春シーズンはG1を2勝し、勝てなくても上位争いをしたり、ある程度、存在感は示せたと思っています」と一定の充実感を口にする一方で、「秋シーズンは目立つ活躍ができていませんからね。きょう(11R・チャンピオンズC・G1)は、チュウワウィザードというG1馬の騎乗依頼をいただきましたから。頑張りたいですね」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス