文字サイズ

【競輪】渡辺一成G1連続V 新田と3度目ワンツー「彼の走りに尽きます」

 寛仁親王牌を優勝した渡辺一成(中央)と2着の新田祐大(左)3着の成田和也
1枚拡大

 「寛仁親王牌・G1」(9日、前橋)

 渡辺一成(34)=福島・88期・SS=が新田祐大の番手から直線で差し切って優勝。8月のオールスターに続くG1連覇、通算では3回目のG1タイトルを手にした。この優勝で賞金2890万円(副賞含む)を手にして、今年の獲得賞金は1億円を突破した。2着には新田。3着にはラインの3番手を固めた成田和也が入り、福島勢で上位を独占した。

 8月のオールスターに続くG1連覇を成し遂げた渡辺。前回同様に新田とのワンツー。そして、今回は3番手の成田まで続く福島勢での完勝劇を見せつけて、3回目のG1タイトルを手にした。「3回とも新田君の後ろからのレース。彼の走りに尽きます。この恩を忘れないようにしたい」。自転車競技のナショナルチームでしのぎを削る同県の後輩に感謝した。

 レースは「中部作戦もあるとイン粘りも考えていたが、岡村さんが粘ったので。新田君がいい動きをしてくれた」と振り返る。巻き返してきた深谷に合わせる形で、最終ホームから新田がスパート。「彼もきつかったと思うが、結果以上の走りをしていたし、気持ちだけは負けないようにした。3番手に成田さんがいてくれたので、僕は安心して新田君を抜くことに集中できた」。追走に専念できたことで、ゴール前で新田を差し切れた。

 11月の第1週から始まる自転車競技のワールドカップに出場するため、今年の競輪出場は競輪祭(11月23~26日・小倉)とグランプリ(12月30日・平塚)の2開催のみ。「連日、ナショナルチームがいい動きをしている。ファンの前で走る機会は少ないけど、ダイナミックな動き、スピードのある走りをしてナショナルチームのインパクトを与えたい」。ナショナルチームの底力とますます強固になった福島コンビの結束力で、G13連覇、グランプリ制覇へと突き進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス