文字サイズ

ジプシー・ジョーさん死去、死因は不明

 元プロレスラーのジプシー・ジョーさん
1枚拡大

 元プロレスラーのジプシー・ジョー氏(本名ジルベルト・メレンデス)が16日(現地時間15日)に死去したと、米国の複数のメディアが報じた。82歳だった。死因は不明だが、13年に痛風で右足を切断するなど健康面に問題を抱えていた。

 プエルトリコ出身で63年に米国でプロレスデビュー。イスで殴打するとイスが壊れるほどの打たれ強さを生かしたラフファイトで活躍した。75年には国際プロレスに初来日し、ラッシャー木村らと金網デスマッチなどで死闘を演じた。

 81年からは全日本プロレスの常連となり、NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王者の大仁田厚にも挑戦。11年1月に米国で引退試合を行った。

 大仁田は「あの人はハードコアの原点。殴らせることでレスラーの強さを知らしめた。ご冥福をお祈りします」と悼んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    おくやみバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス