文字サイズ

ダークダックス「ゲタさん」が死去

 「ゲタさん」の愛称で親しまれた喜早哲(きそう・てつ)さん
1枚拡大

 半世紀以上にわたり活躍した男声コーラスグループ・ダークダックスでバリトンを担当し、「ゲタさん」の愛称で親しまれた喜早哲(きそう・てつ)さんが、3月26日に急性肺炎のため東京都内の自宅で死去した。85歳だった。葬儀・告別式は近親者で行った。お別れの会などは予定していないという。

 関係者によれば、近年は体調不良が続き、家族にみとられ、26日に息を引き取ったという。喜早さんは近年、毎春に群馬県館林市のダークダックス音楽館で、ゾウさんこと遠山一(85)やファンと花見を兼ねたトークショーを開くのを恒例にしており、13年まで参加していた。今年も3日に遠山のみで開催予定だったが、喜早さんの告別式と重なり、中止されたという。

 ダーク-は、1951年に慶応大の男声合唱団「ワグネル・ソサィエティー」所属のメンバーでグループを結成。57年にロシア民謡「ともしび」をヒットさせると「雪山讃歌」「山男の歌」など、幅広いジャンルを歌いこなし、紅白歌合戦にも58年から14年連続で出場した。11年にパクさんこと高見沢宏さん(享年77)が死去。マンガさんこと佐々木行(84)も病気療養中。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    おくやみバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス