文字サイズ

ジェニファー・ハドソン、親権争いが泥沼化

ジェニファー・ハドソン
1枚拡大

 ジェニファー・ハドソンとデビッド・オタンガの親権争いが法廷に持ち込まれることになった。プロレスラーの元婚約者デビッドと、9歳の息子デビッド・ジュニアを巡って親権争いを繰り広げているジェニファーだが、養育に関する時間や養育費などについて来年3月11日から5日間の審問が行われることになった。

ザ・ブラストによれば、2人の関係はあまりにも悪化しており、スクールバスの乗り場でさえも争うレベルに達しているという。

 昨年にはジェニファーがデビッドに対して緊急保護措置を求める一幕もあった。息子を抱っこしている時にデビッドから押されたとして保護措置を求めたジェニファーは、裁判所からの許可が下りたにも関わらずすぐに申請を取り下げていた。

 それ以外には2人は数々の手段を試みており、息子を誘拐されることを恐れているとジェニファーが主張していたこともあった一方で、デビッドはジェニファーが息子を守ることよりも、自分に対してマイナスなイメージを付けることに重点を置いているとして名誉棄損で訴えることもあった。

(BANG Media International)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス