文字サイズ

今後の眞子さん 一時渋谷のマンションに滞在しNYへ

 秋篠宮家の長女・眞子さま(30)が26日、大学時代の同級生の小室圭さん(30)と結婚された。同日午前、宮内庁職員が婚姻届を代理提出し、受理された。皇籍離脱して民間人「小室眞子さん」として、小室さんが拠点を置く米・ニューヨークで新生活を始める。

 結婚で皇室を離れた眞子さんは、住み慣れた東京・元赤坂の赤坂御用地にある宮邸を出て、渡米までの間、東京・渋谷区のマンションに一時的に滞在する。小室さんは近く渡米、眞子さんは、パスポート取得など必要な手続きが整い次第、ニューヨークに移り、新生活を始める見通しだ。

 眞子さんの滞在先は、セキュリティー性が高く、短期契約も可能なマンション。1カ月の賃料は100万円を超える超高級物件だ。この日、会見場のホテルを出た2人は、後部座席に並んだ車で到着した。

 都内にいる間は、警視庁が警備する。元皇族が結婚後まもなく海外を生活拠点とするのは異例で、渡米後の安全確保が懸念されるが、警察関係者は「現地の総領事館を通じて警戒に当たるのではないか」とみる。

 眞子さんは学芸員の資格を持ち、東大総合研究博物館で特任研究員として勤務した経験がある。2度の英国留学で英語も堪能で、将来的には現地でキャリアを生かして働く可能性がある。

 小室さんは現在、弁護士350人以上が所属する法律事務所に「法律事務員」として勤務。近く司法試験の合格発表があり、突破すれば弁護士として活動する見込みだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス