文字サイズ

三雲孝江氏、皇室に対する国民の理想「重い部分がある」「覚悟持たなきゃ」

 キャスターの三雲孝江氏が26日、TBS系「ひるおび」にリモート出演し、この日結婚した、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚について思いを語った。お二人はこの日午前中に代理人が婚姻届を提出し結婚した。

 眞子さまの歩みをまとめたVTR明けにMCの恵俊彰は「国民に寄り添うという皇室のあり方、国民の理解っていうのがどういう部分なのかっていう難しさですね」と皇室と国民の関係についてコメント。三雲氏は「開かれた皇室ということがテーマ」になったと説明。皇室に対して国民が理想を持ってしまい「時にはそれが重いこととなってしまっている部分がある」と分析した。

 眞子さん、小室さんが幸せになることで、2人の決断が正しかったと証明できると提言。一方で「わたしたちが皇室というものを考える、いろんな時代とともに変化を受け入れなきゃいけないんだなという覚悟も持たなきゃいけない」と国民も皇室の変化を受け入れる気持ちが必要とした。恵は「今回のことでいろんな問題提起というか、感じたことは多いんじゃないでしょうかね」とまとめた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス