文字サイズ

大下容子アナ、生謝罪 冠番組で不適切演出「大変申し訳ない思いでいっぱい」

 テレビ朝日の大下容子アナウンサーが21日、同局「大下容子ワイド!スクランブル」内で、不適切演出があったことを報告し謝罪した。

 大下アナは番組最後に「ここで視聴者の皆様にお詫びがございます」と切り出し、「番組ではこの時間に視聴者の皆様から番組にお寄せ頂いた質問をご紹介して参りました。その質問内容を番組スタッフがあらかじめ用意し、視聴者の皆様からの質問であるかのように放送していたケースがありました。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

 続けて佐々木亮太アナから経緯が説明された。視聴者からの質問は番組HPとFAXで受け付けているが、質問をあらかじめ用意したのはチーフディレクターで、放送準備のためにそれまでに番組に寄せられた意見・質問を踏まえて「想定質問案」を作成し、今年3月以降、想定質問案を放送に使用していたと説明した。

 もう一度大下アナが「番組を信頼してご覧頂いている皆様に、大変申し訳ない思いで一杯です。二度とこの様なことが起きないよう再発防止を徹底します。失ってしまった信頼を取り戻すべく、一日一日の放送を、より真摯に行って参ります」と約束した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス