文字サイズ

丸山議員 山田広報官入院「アホとは戦わず一度冷まして」「入院批判してるやつら…」

 NHK受信料を支払わない方法を教える党の丸山穂高衆院議員が1日、ツイッターに投稿。菅義偉首相の長男らから7万円超の高額接待を受けていた問題で批判を浴びた山田真貴子内閣広報官が入院し、辞職したことに関して「入院する山田前広報官の体調が心配ですね。心から回復の祈念を」と記した。

 そのうえで「入院批判してるやつらこそ、職場の過労・パワハラで自殺したり、イジメでメンタル病んだ人へは可哀想だの加害者責任だの国の対応だの普段いうとるやつらで苦笑、ダブスタにも気付いてなさそうだなぁ」と記し、「病気なら治ってから対応すれば良い」とした。

 「まあ、こういう所謂吊し上げ的な時は、抑もマスコミも野党も何度会見や説明しても論理的に聞きやしない」と指摘。「逆に頑なに前面に出続けると益々エスカレートして誹謗中傷や挙句家族まで巻き込み徹底的に追い込んでいく」と、このままでは悪循環であったとした。

 「兵法曰く走るを上と為す。つまりアホとは戦わず一度冷ましてやるべし。経験者は語る」と記している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス