文字サイズ

橋下徹氏に松井大阪市長「保健所で診察受けた方が」と心配も、「声以外は全然普通」と返信

 発熱などの症状を訴え、自宅療養していた元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が2日、仕事復帰となるはずだったカンテレ(関西テレビ)の報道番組「報道ランナー」(後4・45)への生出演を、急きょキャンセルした。松井一郎大阪市長はツイッターで心配の声をあげたが、橋下氏は「今のところ、声以外は全然普通です」と“返信”している。

 橋下氏は、24日に37・5度の発熱があり、「咳を飲み込むたびに痰が喉に絡む感じ」が同日夜に強くなっている感覚をツイッターで報告。その後、自ら“自宅隔離”に入り、仕事も休んでいたが、28日には体調は「平常」に戻ったと明かしていた。

 府知事時代の“盟友”でもある松井氏は橋下氏の出演見合わせを受け、2日夜、「橋下さんは、発熱し現在は声が出にくい状況なら、保健所に連絡して診察を受けた方がいい。」と心配のツイート。これに対し、橋下氏は「ありがとうございます。熱はすぐにひいて、それ以後基準を満たしていません。今のところ、声以外は全然普通です。声もかすれ気味だったので、報道番組の出演は止めました。以前なら出演しています。」と返信。新型コロナウイルス感染拡大の中、視聴者の心配の声なども予想できることから出演しなかったことを改めて伝えた。

 橋下氏はこの日、スタジオとは別室からリモート出演する予定だったが、「声が非常に出にくい状態になられた」(新実彰平アナウンサー)ということで、直前に急きょ欠席が決まった。番組にはツイッターを投稿して意見を伝える形で参加した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス